住宅ローン見直し最終チャンス

住宅ローンの種類

住宅ローンといえば基本的に固定金利型と変動金利型があると思うのですが、一体どちらにしたら良いのかわからないというカラもいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方のために二つの金利のメリット、デメリットを簡単に説明していきたいと思います。

 

まず固定金利型の場合、金利が変わらないので安心、また最終支払い金額がわかるので返済の計画がとてもたてやすいという事がメリットだと言えます。デメリットとしては、金利が下がった場合でも高い金利のまま払わなくてはいけないという事と基本的に金利が少し高めの設定だという点です。

 

次に変動金利型の場合には、もともとの金利が低いという事や、また金利が下がった時にはそれが適応されるという点があります。しかし金利が安定しないので先の見通しが悪く返済計画がたてずらいというデメリットがあります。
このようにメリットとデメリットを見比べて自分にあった方を選択しましょう。

固定金利選択型口コミ情報 「不安に負けて固定金利選択型にしました」

住宅ローンの金利を見ていると、他よりもだいぶ低いことで目を惹くのが変動金利型の金利です。金融機関によっては変動金利型の金利が1%を切っている場合もあり、これはかなり安い金利と言えます。

 

我が家でも住宅ローンを組むときに変動金利型と固定金利選択型とでかなり悩みました。変動金利型はとにかく金利が低く、月々の返済額も少なくすることができます。毎月の家計状況を考えるなら変動金利型の方がメリットは大きいです。
ただ、我が家は夫婦そろって心配性です。変動金利型はいつどのように金利が上がるか分からないという点で、どうしても利用する勇気が出ませんでした。

 

結局固定金利選択型を選んで住宅ローンを利用しましたが、変動金利型の場合は経済状況次第では途中で固定金利型への変更も可能です。我が家のように極度の心配性の方でなければ変動金利型の方が良いかもしれません。

住宅ローンの種類-住宅ローン見直し最終チャンス関連ページ

マイホームは住宅ローンで
超低金利の今住宅ローンの見直しについて注目が高まっています。
住宅ローンの金利
超低金利の今住宅ローンの見直しについて注目が高まっています。
住宅ローンの返済
超低金利の今住宅ローンの見直しについて注目が高まっています。
住宅ローンを選ぶ
超低金利の今住宅ローンの見直しについて注目が高まっています。